借地権のあり方

Pocket

この『借地権』は、今と昔とではあり方が少し異なっています。いわゆる、そこに立てられる建物をどのように見るかという点で異なっています。
例えば、昔は土地に立てられる建物の種類によって、「堅固建物」や、「非堅固建物」という分類がされるようになっており、それによって価値が異なるようになっていました。

堅固建物には今で言う『鉄筋』で建設されたもの等が当てはまり、非堅固建物には木造などの建築物が当てはまりました。現法ではこういった分類はされなくなり、また契約面での非契約者と契約者の関係が対等になった、と言えます。過去の借地権においては、契約を行っている側が、ほとんどの場合契約を解消するということがかなり難しい権利となっていました。そういった関係においても、現法においては改正されており、より公正に近い権利となっています。

法律に関しては私達が知らないうちにそれが改正されていることもありますが、私達の意識をそういったことを知った時に変更することによって、よりそういった変化にも対応出来るようになります。そうすることによって、より良い改正がされたときにも受け入れやすくなり、その詳細についても知ることができます。